インターネット上での消費者と新たなコミュニケーション手法として、エンターテイメントコンテンツを配信し、関係性を構築することにチャレンジ。コンテンツを見に来た人が本編および公式サイト/アプリケーション上で広告主の商品と自然に出会うよう構成。
 表現上も、本作品公開までは単に映像をストリーミングで流すだけのものが多かったのだが、”パソコン/ネットならではの映像表現とはなにか”について、広告主と広告会社・制作会社の間で議論を深め、「映像を見るプレイヤーそのものをダウンロードする」、「一話見るごとに本編に関連するメールが届く」などこれまでにない”視聴環境”を形作った。
 また、集客のための広告類についても、日本のネット広告史上初めての100kbのバナーを配信するなど、バナー/テキスト広告という入り口から、最終的な顧客との結びつきまでをエンターテイメント的観点から実施。日本のネット広告の将来に向けたプロジェクトであった。

公開期間 2003/2/12-4/末
提供:日産自動車
VIEW ティーザーサイト
VIEW バナー広告
VIEW メール広告
VIEW 公開時サイト
視聴ツール"WebcinemaBoxx"
※現在は映像部分はご覧になれません。

再上映は終了いたしました。ご了承ください
VIEW 劇中に登場する架空企業のWebサイト
VIEW リンク先ページ1
VIEW 第1話終了時のメール VIEW リンク先ページ2
VIEW 第2話配信前のメール VIEW リンク先ページ3
VIEW 第2話終了時のメール
VIEW 第3話配信前のメール
VIEW 第3話終了時のメール VIEW リンク先ページ

プロデューサー:
高広 伯彦、松尾 博周

<MOVIE>
企画制作:株式会社 モンスターフィルムス
プロデューサー:原 淳、福田 武志
監督:青山 真治
脚本:駒谷 揚
撮影:たむら まさき、池内 義浩
照明:中村 裕樹
録音:菊池 信之
美術:部谷 京子
音楽:長嶌 寛幸
編集:小暮 好成
制作統括:木下 健太郎

<オープニングアニメーション&サウンド>
プロダクション:UNIT9
プロデューサー:Piero Frescobaldi
ディレクター:Ben Hibon
サウンド:CO-FUSION(Sublime Records)







また"WebcinemaBoxx"内には友達に
「招待状」を送ることのできる機能や
あるアクションを起こすことで見ることが
できるスペシャルコンテンツなどを準備。
一度見た人がもっともっと楽しめるように
”驚き”の仕掛けを各所に埋めこんだ。




<INTERACTIVE>
企画制作:
株式会社 ティー・ワイ・オー インタラクティブデザイン
プロデューサー:田中 耕一郎
アートディレクション、デザイン:浜田 武士
インタラクティブデザイン、シェアモード開発:中村 勇吾
テクニカルディレクション:多田 知之
PM:大西 慎二
ショックウェーブ プログラム:種村 章広
フラッシュデザイン:佐藤 幸夫、杉原 真樹、寺林 憲一
HTMLコーディング:足利 建明
バナークリエイティブ:氏家啓雄
ライター:おおたさとし
プロダクションアドバイザー:大口岳人
通訳:倉品 佐千子
スチル:田中潔

製作  株式会社 博報堂
    株式会社 博報堂ジーワン
    株式会社 ティー・ワイ・オー

提供 日産自動車株式会社








企画の全体構造を書いたシートはこちらからダウンロードできます。